月別アーカイブ: 2008年3月

Core Audio その2 AudioStreamBasicDescription

Core Audioにおいて、オーディオデータの状態(リニアPCM等のフォーマットとか、ビットやサンプリングレートとか、チャンネル数とか)を表す構造体がAudioStreamBasicDescriptionです。 struct AudioStreamBasicDescription {     Float64 mSampleRate; //サンプリング周波数(1秒間のフレーム数)     UInt32  mFormatID; //フォーマットID(リニアPCM、MP3、AACなど) ... read more

Core Audio その1 AudioBufferとAudioBufferList

いままでvDSPやら何やらと、オーディオプログラミングでも補助的なものをネタにしていたので、ちょっとここらへんで基本に立ち返ってCore Audioの基本的な部分を書いていこうと思います。自分的にもちゃんと書いておかないと、オーディオ系のプログラミングからしばらく離れたりしたときに忘れてしまいそうになるので。 Core Audioというと、広い意味ではAudioUnitプラグインやCore MIDIまで含まれていると思いますが、ここではCoreAudio Frameworkという、まさにCore Audioな部分を見ていこうと思います。 どこから始めようかとと考えましたが、なにはなくともオーデ... read more