修正とiPod 2Gでの不具合

Pocket

Touch the Waveの波形表示が再生位置とちょっとずれていたので、修正したものをApp Storeに提出してあります。何も無ければ2〜3日後くらいには公開されるんじゃないでしょうか。

それはそれとして、音質向上のための修正をしていたらv0.5をiPod touch第2世代で使っているとノイズがプチプチと入っている事が判明してしまいました。v0.4ではCore Animationを使っている事で数秒間の動作停止が起きることがあって、それを修正するためにv0.5ではOpenGLに変更したんですけど、どうやらそっちも相性が悪かったようです。

別に特別な処理をしているからという訳ではなく、何も描画していないOpenGLのビューを一枚表示しておいて、RemoteIOでシンプルにサイン波だけを鳴らしてみると、それだけでプチプチいっちゃいます。なのでTouch the Waveではプレイリストとダウンロードの画面では大丈夫なんですけど、肝心のプレイヤーでノイズが入ってしまうという困った感じです。

まさか僕のデバイスだけの故障とかじゃないですよねぇ。第1世代では何事も無く再生できちゃうんですけど。

まあ、iPod touch第2世代はもともとロスレスの再生がプツプツとぎれるって不具合がありますから。全体的にパフォーマンスはアップしているけどオーディオは逆に弱くなっているんでしょうか。

回避策としてあと残されているのは、Quartzですかね。試してみてパフォーマンス的に問題無さそうならそっちに切り替えます。せっかくのiPhoneでのプログラミングなんだからCore AnimationとかOpenGLとか使ってみたかったのに、結局Quartzに落ち着くとしたらもったいないなぁと思いますけど。それでも駄目ならOS側の修正アップデートを待つしかないって感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です