作成者別アーカイブ: yaso_san

Touch the Wave for iPad v2.0リリース

Touch the Wave for iPadのv2.0が本日リリースされました。 主な変更点は以下になります。 ・ プレイヤーが2つになりました ・ Multi Route Audio対応で、外部出力とは別にヘッドホンでのモニタリングが可能になりました ・ フラットっぽいデザインのUIになりました 既知の不具合として、Digital AV Adapterをつなげた場合に音がおかしくなってしまう事を確認しています。近いうちに修正する予定です。あと、iPad miniくらいの性能だとファイルの読み込み時に音が途切れる事があるかもしれません。 前のバージョンのアップデートのときに... read more

Unityでストップウォッチを作る その10 シェーダーを変更する

今回は、見た目でちょっと気になる所を修正したいと思います。 背景を黒くしているとあまり分からないのですが、試しに背景を白くしてみると目盛りのフチがやや黒ずんでいるのが分かります。特に針は輪郭がはっきり出ています。 このようにテクスチャ内の不透明な部分と透明な部分を補間した境目が黒ずんでしまうのですが、なぜ起きるのかについては以下のページで補間アルファの問題として丁寧に解説されていたので、気になる方は参考にしてみると良いと思います。 乗算済みアルファとは? その1:補間アルファの問題点 ちなみに、テクスチャの設定を「Billinear」から「Point」に変えて補間を効かなくすればなくなる... read more

Unityでストップウォッチを作る その9 リセットのアニメーション

今回は「RESET」の文字をアニメーションさせるのに加えて、画面全体の背景もタップしたときにアニメーションさせようと思います。そんなにこったものではなく、フェードさせたり回転させたりするくらいのものです。 「RESET」を表示するのに使っているTextMeshは、テキストにHTMLのようなタグを付けて1文字単位で色を変えたり装飾をしたりする事が出来ます。ですが、今回は文字列全体にしか色を指定しませんし、フェードさせたりもしたいので、文字列全体にタグをつける処理をするスクリプトを作ります。 新たに「ColoredText.cs」という名前でC#スクリプトをProjectウィンドウの「S... read more

Unityでストップウォッチを作る その8 リセットボタンを作る

今回はリセットボタンを作りたいと思います。ボタンと言ってもBigStopWatchではいかにも押せるような普通のボタンではないのですが、一応ボタンと表現しておきます。個人的にはリセットボタンの無い状態の方がスマートで好きなのですが、さすがにストップウォッチの機能として単純すぎるかなと思って機能を追加しています。ただ、そういう積算できないアナログのストップウォッチというのも存在しています。 オブジェクトの作成 リセットボタンを置くスペースを作りたいのでシーンの「Root」オブジェクトのPositionのXを「-60」にしてください。Gameウィンドウで見てこのくらいでしょうか。 新た... read more

Unityでストップウォッチを作る その7 「分」のサークルを作る

前回で「秒」を表示するサークルが出来上がりましたので、これをコピーして「分」のサークルも作ります。 オブジェクトの複製と設定 シーンの「SecTimeCircle」を選択した状態でコピー&ペーストをして複製します。新たに出来たオブジェクトの名前を「MinTimeCircle」と変更してください。 複製したオブジェクトはほぼそのまま再利用しますが、メッシュだけは変更します。Projectウィンドウで新たに2つメッシュを作ってそれぞれ「MinTimeCircleMesh」「MinNeedleMesh」と名前を変更し、「MinTimeCircle」とその中にある「Needle」オブジェク... read more

Unityでストップウォッチを作る その6 針を作る

今回はサークル上で計測時間を指し示す針を作っていきます。 スクリプトの追加と修正 まず、Projectウィンドウに「Needle.cs」という名前でC#スクリプトを作り、以下のコードをコピーしてください。 // // Needle.cs // using UnityEngine; using System.Collections; [ExecuteInEditMode()] [RequireComponent(typeof(MeshRenderer))] [RequireCompo... read more

Unityでストップウォッチを作る その5 サークルを動かす

今回は、前々回から作ってきた「TimeCircle」をストップウォッチの計測時間に合わせて動く様にしたいと思います。 スクリプトの追加と修正 新たに「AngleAnimation.cs」と「TimeCircleController」の2つのC#スクリプトを追加して以下のコードをコピーしてください。また、「BSWUtility.cs」と「Stopwatch.cs」も修正してください。修正と言っても各スクリプト内のコードは全部載せているのでマルっと上書きしてしまって大丈夫です。 // // AngleAnimation.cs // ... read more

Unityでストップウォッチを作る その4 秒数の表示

今回は秒数のサークルに数字を追加します。これの事です。 数字のプレファブを作る TextMeshを使って数字の表示をしますが、前回のようにまとめてメッシュを作るということまではせず、数字ひとつごとにゲームオブジェクトを作って置いていきます。 まずひとつの数字のプレファブをつくります。メニューから「GameObject / Create Other / 3DText」を選択し、シーンにオブジェクトを作成してください。 出来たら「Number」と名前を変更して、TextMeshの設定を以下の様に変更してください ・Character Size > 4 ・Alignment >... read more

Unityでストップウォッチを作る その3 目盛りのメッシュを作る

今回は秒数目盛りのメッシュを表示するオブジェクトを作りたいと思います。こんな感じの1分で1周するアナログのストップウォッチ的な目盛りです。 このように画面よりもかなり大きい目盛りの円(以後サークルと呼びます)を作りたいので、一枚の大きな画像を表示するのではなく、目盛りひとつの画像をたくさん並べて表示するという作り方をします。 スクリプトの作成 Projectウィンドウの「Script」フォルダの中に「BSWUtililty.cs」と「TimeCircle.cs」の2つのC#スクリプトを追加して、以下のコードをコピーしてください。 // // ... read more

Unityでストップウォッチを作る その2 メッシュとテクスチャの作成

前回はタイム表示をしたので、次は目盛りのラインなどを描画したいと思う訳ですが、Unityで描画をするにはまずなによりメッシュが必要になります。しかし、Unityのプロジェクトを作った段階では、CubeやらSphereなどの3D用のものが数種類と、無駄に細かいメッシュのPlaneしか作れません。BigStopWatchのラインひとつひとつを標準のPlaneで置いていくのはちょっと無駄な感じです。 さらにBigStopWatchではきれいなラインを引くために、テクスチャにラインを描画して少しマージンを付けたものをメッシュに割り当てて描画しています。メッシュを単純に塗りつぶすとメッシュのエッジ... read more