月別アーカイブ: 2012年10月

AudioQueueProcessingTap

iOS6からAudioQueueServiceにProcessingTapという機能が追加されました。 これを利用すると、Queueにバッファされた後のデータにエフェクトなど処理を挟み込む事ができるようになります。AudioQueueのピッチ処理はiOSでは機能していないと思いますが、AudioUnitを挟み込む事もできるので、VarispeedとかNewTimePitchとか使えば実現する事ができます。 AudioQueueProcessingTapNew ProcessingTapをAudioQueueで使えるようにするのが以下の関数です。 extern OSStatus... read more