bsw114

bigstopwatch


iTunes Store

最新バージョン : 2.5.1
対応OS:iOS 8.0以降

アナログ表示とデジタル表示を兼ね備えたストップウォッチです。緑の針が秒、赤の針が分を指し示します。

bsw05.jpg

機能

画面のほぼ全体が、計測をスタート・ストップするボタンになっています。その他の機能は、以下の文字の部分に割り当てられています。

「COUNTDOWN」 カウントダウンの準備
「LAP/SPLIT」 ラップ/スプリットタイムの記録
「RESET」 計測のリセット
「NEXT」 一つ次のラップ/スプリットタイムを表示
「BACK」 一つ前のラップ/スプリットタイムを表示

設定

設定アプリ内でBigStopWatchの各種設定を行うことが出来ます。

Orientationで画面に表示する向きを変更することが出来ます。デフォルトではAuto Rotationに設定されており、デバイスを傾けた向きに合わせて自動的に表示を回転します。

Countdown Secでカウントダウンの秒数を設定できます。5、10、15、20、25、30秒の中から選択することができます。

Power savingを「オン」にすると、計測時のアニメーションが目盛り単位に制限され、バッテリーの消費を約半分に抑えることが出来ます。また、画面表示自体がバッテリーを消費する原因になりますので、長時間の計測時には画面をロックする事をおすすめします。

Lap / Splitを「オン」にすると、計測中に「LAP SPLIT」の文字をタップする事でラップ/スプリットタイムの記録をする事が出来ます。

Countdownを「オン」にすると、カウントダウンしてから計測を始める機能がオンになります。計測をリセットして0分0秒に針が指している状態で「COUNTDOWN」の文字をタップすると、Countdown Secで設定した秒数だけマイナス方向に針が移動し、カウントダウンの準備に入ります。

Adding Upを「オン」にすると、積算をする機能がオンになります。計測のストップ時にRESETをタップすると計測がリセットされ、その他の場所をタップすると計測が再開します。「オフ」に設定した場合は、計測のストップ時には画面全体がリセットボタンになります。

Battery Indicatorを「オン」にすると、バッテリー残量が画面の右上に表示されます。