カテゴリー別アーカイブ: Core MIDI – Mac

Core MIDI その3 MIDIPacketListの送信

MIDIデータを送信する方法です。まず、MIDIPacketListの作り方を見てみます。 ひとつの普通のメッセージのMIDIPacketを含んだMIDIPacketListを作るだけであればMIDIPacketList構造体を作ってしまえばいいだけですが、複数のMIDIPacketを含んだMIDIPacketListを作りこんでいくには以下の関数を使います。 extern MIDIPacket * MIDIPacketListInit(MIDIPacketList *pktlist) extern MIDIPacket * MIDIPacketListAdd(MIDIPacketList... read more

Core MIDI その2 MIDIPacketの受信

Core MIDIではMIDIPacketというものがひとつのMIDIデータになります。そのMIDIPacketをMIDIPacketListに複数(あるいはひとつ)まとめて、MIDIエンドポイントを通してMIDIデータのやり取りをします。 MIDIPacketは構造体になっていて、以下のような感じで宣言されています。 struct MIDIPacket {     MIDITimeStamp   timeStamp;     UInt16          length... read more

Core MIDI その1 MIDIObject

Core MIDIに関してリアルタイムで調査中ですが、ちょこちょこと分かった事を書いて行こうと思います。ここのページにもいろいろと書いてありますので参考に。 まず用語解説的なところから始めまして、Core MIDIを使うときに必要なMIDIオブジェクトというものを見て行きます。MIDIオブジェクトは、 ・MIDIDevice ・MIDIEntity ・MIDIEndpoint ・MIDIClient ・MIDIPort という5つがあるのですが、上の3つは基本的にアプリケーション外部からCoreMIDI経由で取得するもの(MIDIEndpointは例外あり)で、下の2つのMIDIClie... read more